iimyグループの安心オンラインストア
RMT
あなたのゲームは? ゲーム名の頭文字をクリック!
当商品は、当サイトの都合または運営会社のサービス終了などの理由により現在取り扱いを行っておりません。
取り扱いの再開、その他ご意見ご要望などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

山吹の竜の涙買取

 
価格
売り切れ
  0円(税込み)
   
   
   
   
   
   
   
注文可能数 残り 0 個
     
     
数量: 一時停止
小計:
     
商品名 ゲームアイテム
商品コード RMTNOLITEM2-S031
内容 1個につき、信長の野望Online用 竜の涙1個のお取引となります
メンテナンス 毎週水曜日 10時30分から13時30分までは定期メンテナンスとなります。
注意 支払額が5,000円未満の場合、手数料(200円)はお客様のご負担となります。
買取注文はポイントがつきません。
天翔記から山吹に名称が変更となりました。
 
 
レビューを書く
 

山吹の竜の涙買取について

信長の野望用山吹の竜の涙買取の事なら、RMTジャックポットにお任せください!
信On用の竜の涙を、高く高く買い取りしております。信長の野望オンライン用竜の涙をお売りの際は、業界一の安定感を誇るRMTジャックポットにお越しください。
現在引退を検討中の方。
貯まった竜の涙を持ったまま引退するのは、勿体無いと思いませんか?
そんなあなたのために、RMTジャックポットでは、竜の涙を高い価格にて買い取りしています。
オンラインゲームの通貨は、現実世界のお金に換金できます。RMTジャックポットは、高い価格で竜の涙の買い取りを行っております。

ゲームミニ情報
尼子経久【後半】【前半はコチラ

1511年、経久は大内義興の軍に従軍して上洛した。京都では船岡山合戦に参加。この合戦で経久は数々の功を立てたが、何の恩賞も与えられなかった。
経久は大内義興より先に帰国し、大内氏の留守を狙って、安芸に侵攻する。
経久は安芸守護武田元繁を大内氏から離反させ、1512年には備後の国人で大場山城主古志為信の大内氏への反乱を支援している。
尼子経久の不穏な動きを鎮圧するため、山城国守護、管領職へと任命された大内義興は山口へと帰郷した。
1518年、経久は弟の久幸に伯耆国の南条宗勝を攻めさせる一方、嫡男・政久を叛旗を翻した桜井入道宗的の籠もる阿用城へ差し向けた。しかしその最中、政久は矢に当たって命を落とした。
この知らせは経久の元に届き、それを聞いた経久は、久幸に撤退命令を出し、自ら7000余人の兵を率いて、阿用城に向かった。
弔い合戦と称して総攻撃を加え、城内の3000人を虐殺し、城主の桜井宗的は火の中で自害した。
帰着した経久は、軍議を開いて、久幸に家督を譲ろうとしたが、久幸は、直系の孫の三郎四郎、後の尼子晴久を跡継ぎにするべきと主張。結局経久は三郎四郎を後継者に決定した。
1521年以降、尼子氏は石見に侵入した。安芸へも手を伸ばし、1523年には大内氏の安芸経営の拠点である鏡山城を攻め、重臣亀井秀綱の命で、傘下の毛利元就と当主毛利幸松丸に攻城させた。
元就は策略を使い、城主蔵田房信の叔父、蔵田直信を寝返らせ、城主の蔵田房信は自害し、鏡山城は落城した。後、直信は、何らかの理由よって殺された。
1524年、経久が軍勢を率い、西伯耆に侵攻し、南条宗勝を破り、更に守護・山名澄之を敗走させた。敗北した伯耆国人の多くは因幡・但馬へと逃亡し、南条宗勝は但馬山名氏を頼った。これが後に言う大永の五月崩れである。
同年、大内義興・義隆父子は陶興房ら重臣を率いて安芸に進出し、尼子氏と激突した。この戦いで、安芸の有力国人である吉田郡山城主毛利元就が、自力で大内軍を敗走させるなどの目覚しい活躍をした。
その後、元就は弟の相合元綱との内紛の後、尼子との関係を解消して大内氏に所属を変えた。これにより、尼子氏に傾いていた安芸国の勢力バランスが変わることになった。
毛利氏の離反は、毛利氏の後継争いに尼子家臣・亀井秀綱が介入したことが大きな原因とされている。
1532年、三男塩冶興久が知行地が少ないと加増を申し出たが、尼子氏重臣亀井氏との対立が原因で謀反を起こした。1534年に反乱は鎮圧され、興久は備後山内氏の甲立城に逃れた後、甥である詮久の攻撃等もあり自害した。
興久の遺領は次男国久が継いだ。老境に差し掛かった経久にとって、我が子に裏切られたことは、心に大きな傷を残した。
また、同時期には隠岐国の国人隠岐為清が反乱を起こしているが、すぐに鎮圧されている。
同年には嫡孫詮久、後の晴久を石見銀山を奪回し、美作へと侵攻し、これを尼子氏の影響下に置く。また、その後も備前へと侵攻するなど勢力を徐々に東へと拡大していった。
1537年、経久は家督を孫の尼子詮久に譲っている。この後、詮久は大友氏と共に反大内氏包囲網に参加。この一環として東部への勢力を更に拡大すべく播磨守護の赤松氏当主、赤松晴政との戦い大勝する。
これに政祐は一時淡路へと逃亡する。だが、結局は別所氏が籠城する三木城を攻略出来ずに失敗している。
1540年、大内氏勢力下にある安芸国人の毛利氏の討伐を、安芸守護武田氏の要請もあり受け入れ晴久は出陣。周囲の形勢は尼子氏に有利であり、その軍勢は諸外国からの援兵も加わり30000騎へと膨れ上がっていた。
この大軍を率い吉田郡山城を包囲、これを落城させるべく攻撃を仕掛けるも悉く失敗し、そして翌年には厳島神社にて戦勝祈願を終えた陶隆房率いる大内援兵10000騎が到着し、その後尼子氏は本陣奇襲を受け人的損害を被った。これが俗に言う吉田郡山城の戦いである。
1541年、尼子経久、毛利元就、宇喜多直家らと構成される中国の三大謀将と称される経久は、月山富田城で波乱に満ちた長い生涯を閉じた。享年84歳。

和歌
「はし鷹のみよりの翅身にそへてなお雪拂ふうたのみ狩場」



RMTジャックポットでは盗難品・不正品やその疑いのある場合、買い取りできません。

買い取り対象外商品について
・ 一般にボットやチート、デュープと呼ばれる不正な手段によって取得されたもの
・ 詐欺・窃盗により取得した商品や犯罪に関係するもの
※ たとえ、サービス提供元の過失によるシステム上の欠陥であったとしても、その取得方法が将来禁止になる恐れがあると弊社が判断した場合は買い取りできません。

重要事項:未成年の方は、保護者の同意を得たうえでご注文してください。 本商品はゲーム運営会社の公式サービスではありません。 本商品はゲーム運営会社とは無関係で、承認を受けた物ではありません。 記載されているメーカー名、サービス名などは、一般に各社の登録商標または商標です。 画像・イラストはイメージです。実際の商品とは異なります。
 
 

山吹の竜の涙買取を買った人は、こんな商品も買っています