iimyグループの安心オンラインストア
RMT
あなたのゲームは? ゲーム名の頭文字をクリック!
当商品は、当サイトの都合または運営会社のサービス終了などの理由により現在取り扱いを行っておりません。
取り扱いの再開、その他ご意見ご要望などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

紺碧の竜の涙買取

 
価格
売り切れ
  0円(税込み)
   
   
   
   
   
   
   
注文可能数 残り 0 個
     
     
数量: 一時停止
小計:
     
商品名 ゲームアイテム
商品コード RMTNOLITEM2-S091
内容 1個につき、信長の野望Online用 竜の涙1個のお取引となります
メンテナンス 毎週水曜日 10時30分から13時30分までは定期メンテナンスとなります。
注意 支払額が5,000円未満の場合、手数料(200円)はお客様のご負担となります。
買取注文はポイントがつきません。
群雄伝と嵐世記が統合され紺碧に名称が変更となりました。
 
 
レビューを書く
 

紺碧の竜の涙買取について

信長の野望対応!紺碧の竜の涙買取なら、RMTジャックポットに決まり!
信On用竜の涙を超高価買取中です!ゲーム内の資金に余裕のある方は信長の野望オンライン用の竜の涙をお売りください!
竜の涙が余っている方はいらっしゃいませんか?
そんな方は、RMTジャックポットの竜の涙買取サービスをご利用ください。スタッフ一同、貴方のご利用を心よりお待ちしております。
オンラインゲームの通貨は、現実世界のお金に換金できます。RMTジャックポットは、高い価格で竜の涙の買い取りを行っております。

ゲームミニ情報
大友宗麟【後半】【前半はコチラ

1562年、義鎮は出家し、休庵宗麟と号す。
その後も足利将軍家には多大な援助を続け、1563年には、足利義輝の相伴衆に任ぜられ、後に毛利氏との和睦交渉などにも将軍家の調停を依頼するなど関係は密であった。
幾度も対立と和睦を繰り返していた毛利氏は、山陰の尼子氏を滅ぼすと、再び北九州へ触手を伸ばすようになる。
1567年、豊前や筑前方面で大友方の国人が毛利元就と内通して蜂起し、これに重臣の高橋鑑種も加わるという事態になったが、義鎮は立花道雪らに命じてこれを平定させた。
また、この毛利氏との戦闘の中で義鎮は、宣教師に鉄砲に用いる火薬の原料である硝石の輸入を要請し、その理由として自分はキリスト教を保護する者であり、毛利氏はキリスト教を弾圧する者である。
これを打ち破る為に、大友氏には良質の硝石を、毛利氏には硝石を輸入させないようにとの手紙を出している。
1569年、肥前で勢力を拡大する龍造寺隆信を討伐するため、自ら軍勢を率いて肥前に侵攻するが、毛利元就が筑前に侵攻してきたため、慌てて撤退する。
そして重臣の吉岡長増の進言を受けて大内氏の残党である大内輝弘に水軍衆の若林鎮興を付け、周防に上陸させて毛利氏の後方を脅かし、毛利元就を安芸に撤退へと追い込んだ。
1570年、再度肥前に侵攻するが、今山の戦いで龍造寺隆信に弟の大友親貞を討たれるという大敗を喫し、隆信と不利な条件で和睦せざるを得なくなった。
その後も筑後や肥前の反龍造寺勢力を扇動するも、龍造寺氏の勢力の膨張を防ぐことはできなかった。
1576年、家督を長男の大友義統に譲って丹生島城へ隠居する。このときから義鎮と義統との二元政治を開始した。
1577年、薩摩の島津義久が日向侵攻を開始すると、義鎮も大軍を率いて出陣した。しかし翌1578年に耳川の戦いで島津軍に大敗し、多くの重臣を失った。
さらに1579年頃からは、蒲池氏・草野氏・黒木氏などの筑後国の諸勢力が大友氏の影響下から離れ、また、家督を譲った大友義統とも、二元政治の確執から対立が深まり、以後の大友氏は衰退の一途をたどる。
なお、耳川の戦い直前、宗麟は宣教師のフランシスコ・カブラルから洗礼を受け、洗礼名を「ドン・フランシスコ」と名乗り、正式にキリスト教徒となった。以後、家臣へ宛てた書状の中などでは自身の署名として府蘭を用いている。
耳川の戦い後、大友領内の各地で国人の反乱が相次ぎ、さらに島津義久や龍造寺隆信、秋月種実らの侵攻もあって大友氏の領土は次々と侵食されていく。
1584年に沖田畷の戦いで龍造寺隆信が島津軍に敗死すると、立花道雪に命じて筑後国侵攻を行い、筑後国の大半を奪回したものの、1585年に道雪が病死してしまい、これを好機と見た島津義久の北上が始まることとなる。
このため、1586年、宗麟は中央で統一政策を進める豊臣秀吉に大坂城で謁見して支援を要請する。
しかし島津義久はその後も大友領へ侵攻し、1586年には島津家久軍が戸次川の戦いで大友方を破って本拠地である豊後国府内を占領してしまった。
このとき、丹生島城に籠城していた大友宗麟は大砲・国崩しを使って丹生島城を死守し、戦国大名としての意地を見せた。
1587年、豊臣秀吉は自ら兵を率いて九州征伐に出陣し、各地で島津軍を破っていく。宗麟は戦局が一気に逆転していく中で病気に倒れ、島津義久の降伏直前に豊後国津久見で病死した。享年58歳。死因はチフスが有力とされる。
九州征伐後、秀吉の命令で大友義統には豊後一国を安堵された。
秀吉は大友宗麟に日向の地を与えようとしていたが、統治意欲を失っていた宗麟はこれを辞退した、もしくは直前に死去したとされている。

辞世の句
「明日は誰が草むす屍 照らすらん 石垣原の今日の目影」



RMTジャックポットでは盗難品・不正品やその疑いのある場合、買い取りできません。

買い取り対象外商品について
・ 一般にボットやチート、デュープと呼ばれる不正な手段によって取得されたもの
・ 詐欺・窃盗により取得した商品や犯罪に関係するもの
※ たとえ、サービス提供元の過失によるシステム上の欠陥であったとしても、その取得方法が将来禁止になる恐れがあると弊社が判断した場合は買い取りできません。

重要事項:未成年の方は、保護者の同意を得たうえでご注文してください。 本商品はゲーム運営会社の公式サービスではありません。 本商品はゲーム運営会社とは無関係で、承認を受けた物ではありません。 記載されているメーカー名、サービス名などは、一般に各社の登録商標または商標です。 画像・イラストはイメージです。実際の商品とは異なります。