iimyグループの安心オンラインストア
RMT
あなたのゲームは? ゲーム名の頭文字をクリック!
当商品は、当サイトの都合または運営会社のサービス終了などの理由により現在取り扱いを行っておりません。
取り扱いの再開、その他ご意見ご要望などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

萌黄の竜の涙販売

 
価格
売り切れ
  0円(税込み)
   
   
   
   
   
   
   
注文可能数 残り 0 個
ポイント 1個注文した場合 0 ポイント取得! (100円につき1ポイント貯まります。)
     
数量: 在庫切れ
小計:
萌黄の竜の涙販売を予約する
     
商品名 ゲームアイテム
商品コード RMTNOLITEM2-B101
内容 1個につき、信長の野望Online用 竜の涙1個のお取引となります
納期 即時発送
メンテナンス 毎週水曜日 10時30分から13時30分までは定期メンテナンスとなります。
注意 風雲録と覇王伝が統合され萌黄に名称が変更となりました。
 
 
レビューを書く
 

萌黄の竜の涙販売について

信長の野望の萌黄用竜の涙を、安値で販売中! 信On用竜の涙の事なら、安い価格のRMTジャックポットへ。
RMTを利用してネットゲームを存分に満喫しよう!
RMTジャックポットは、創業から12年以上たつ国内法人が運営しています。 皆様に安心してご利用いただけるRMTサイトを、目指しています。
RMTジャックポットはRMT業界でも評価の高い、高品質なお取り引きを提供します。 スタッフ全員の力を合わせて、最速・安全・最安値でのお取り引きができるよう努めています。
表示在庫以上の大口販売も受け付けておりますので、ご希望のお客様はお気軽にRMTジャックポットまでお問い合わせください。

ゲームミニ情報
長宗我部元親【後半】【前半はコチラ

1585年には伊予の西園寺公広、河野通直らを降して伊予を制圧し、四国全土をほぼ統一することに成功した。
だがその頃、中央における秀吉の覇権は確固たるものになっており、四国征伐の準備も整っていた。統一から秀吉との戦いまでには数週間ほどの時間しか残されていなかったのである。
1585年、羽柴秀吉の四国征伐が行われ、秀吉の弟・羽柴秀長を総大将とする10万を超える軍が派遣されると、元親は阿波白地城を本拠に阿讃伊の海岸線沿いに防備を固める一方で、秀吉に伊予1国を割譲することで和睦を求めたが、拒絶されたため抵抗する。
秀吉は宇喜多秀家率いる軍勢を讃岐へ、毛利両川の小早川隆景・吉川元長率いる軍勢を伊予へ、羽柴秀長・羽柴秀次率いる軍勢を阿波へと同時に派遣し、土佐方の城を相次いで落城させていく。
そして阿波戦線が崩壊して白地城までの道が裸に晒されると、元親は反戦派の家臣・谷忠澄の言を入れ降伏し、長宗我部家は阿波・讃岐・伊予を没収され、土佐一国のみの領有を安堵された。
1586年、秀吉の九州征伐に嫡男の信親とともに従軍し、島津氏の圧迫に苦しむ豊後大友氏の救援に向かう。しかし、1の戸次川の戦いで四国勢の大将・仙石秀久は元親や十河存保らの言を容れずに島津軍の策にはまり敗走し、この時の乱戦において信親は討死してしまう。
信親の死が元親に与えた影響は大きく、人が変わったように以後多くの行動で精彩を欠き、将来における長宗我部氏滅亡の遠因となった言われている。
1588年には本拠を大高坂城へ移転し、その後に起こった家督継承問題では次男・香川親和や三男・津野親忠を差し置いて四男の盛親に家督を譲ることを決定する。
その際、反対派の家臣であり一門でもある比江山親興、吉良親実らに死を命じるなど内部粛清を行い、盛親への家督相続を強行している。
1590年の小田原征伐では長宗我部水軍を率いて参加し、浦戸湾に迷い込んだ体長9尋もの鯨を数十隻の船団と百人余の人夫でもって大坂城内へ丸ごと持ち込み、秀吉や大坂の町人を大いに驚かせたという逸話が残っている。年末頃には自身の本拠を浦戸城へ移転する。
1592年からは秀吉が行った文禄・慶長の役といった朝鮮出兵にも従軍する。
1596年にはサン=フェリペ号事件に対処し、秀吉によるキリスト教迫害の引き金を作った。
その頃、領内では検地を行い、1597年に盛親と共に分国法である『長宗我部元親百箇条』を制定する。
1598年に秀吉が死去すると、政情が不安定になるという大事の中で、徳川家康と誼を通じ、さらに三男の津野親忠を幽閉するなどしている。
1599年4月、上洛して間もなく病に倒れ、伏見屋敷で療養していたが、伏見屋敷で死去。享年61歳。
長宗我部元親の死後、1600年、関ケ原の戦いで盛親が西軍に与したために戦後、所領を没収されて改易となる。
1615年、盛親が大坂の陣で豊臣方に与すが、豊臣方が敗れたため盛親はもとより盛親の子らもすべて斬首され直系は絶えた。
元親の弟の吉良親貞の子の吉良親実の子孫は肥後藩に仕え、同じく香宗我部親泰の子・貞親が堀田氏に仕えたとされるほか、傍系の一族は他家に仕えるか帰農して生き残り、明治にいたって長宗我部姓に復したものも多い。

名言
「弓矢を執るの家、戦死を以て栄となす。悔い思うべきにあらず」


重要事項:未成年の方は、保護者の同意を得たうえでご注文してください。 本商品はゲーム運営会社の公式サービスではありません。 本商品はゲーム運営会社とは無関係で、承認を受けた物ではありません。 記載されているメーカー名、サービス名などは、一般に各社の登録商標または商標です。 画像・イラストはイメージです。実際の商品とは異なります。