iimyグループの安心オンラインストア
RMT
あなたのゲームは? ゲーム名の頭文字をクリック!
当商品は、当サイトの都合または運営会社のサービス終了などの理由により現在取り扱いを行っておりません。
取り扱いの再開、その他ご意見ご要望などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

真紅の竜の涙買取

 
価格
売り切れ
  0円(税込み)
   
   
   
   
   
   
   
注文可能数 残り 0 個
     
     
数量: 一時停止
小計:
     
商品名 ゲームアイテム
商品コード RMTNOLITEM2-S081
内容 1個につき、信長の野望Online用 竜の涙1個のお取引となります
メンテナンス 毎週水曜日 10時30分から13時30分までは定期メンテナンスとなります。
注意 支払額が5,000円未満の場合、手数料(200円)はお客様のご負担となります。
買取注文はポイントがつきません。
将星録と烈風伝が統合され真紅に名称が変更となりました。
 
 
レビューを書く
 

真紅の竜の涙買取について

信長の野望対応真紅の竜の涙買取価格が高い!
信On用の竜の涙を売却したいそこのあなた!売るなら今です!!確実な取り引きがモットーのRMTジャックポットに、お任せください。
RMTジャックポットでは、信長の野望オンライン用竜の涙の高価買取を行っています。
現在引退を検討中の方。
貯まった竜の涙を持ったまま引退するのは、勿体無いと思いませんか?
そんなあなたのために、RMTジャックポットでは、竜の涙を高い価格にて買い取りしています。
RMTジャックポットをご利用いただければ、あなたが冒険したゲームの世界は、現実のあなたの力になります。RMTジャックポットは、あなたの竜の涙買取のご利用を、心よりお待ちしています。

ゲームミニ情報
石田三成【後半】【前半はコチラ

1599年、三成は家康の無断婚姻を「秀吉が生前の1595年に制定した無許可縁組禁止の法に違反する」として、前田利家らと諮り、家康に問罪使を派遣する。家康も豊臣政権の中で孤立する不利を悟って、利家・三成らと誓紙を交わして和睦した。
しかし同年、家康と互角の勢力を持っていた大老・前田利家が病死する。
その直後、三成と敵対関係にあった武断派の加藤清正、福島正則、黒田長政、細川忠興、浅野幸長、池田輝政、加藤嘉明の7将や蜂須賀家政や藤堂高虎らが、三成の大坂屋敷を襲撃した。
しかし三成は事前に佐竹義宣の助力を得て大坂から脱出し、伏見城内に逃れていた。
この後、7将と三成は伏見で睨みあう状況となるが、仲裁に乗り出した家康により和談が成立し、三成は五奉行からの退隠を承諾した。
三成は家康の次男・結城秀康に守られて、佐和山城に帰城した。
利家の死去・三成の蟄居により、家康の専横は再び活発になり、一旦白紙にしていた無断婚姻や秀吉の遺命で禁止されていた所領配分なども実施した。
同年、家康が重陽の節句による祝意を秀頼に述べるため大坂に赴いたとき、三成の屋敷を宿所としたと言われている。
1600年、三成は家康を排除すべく、上杉景勝・直江兼続らと密かに挙兵の計画を図っていた。
その後上杉勢が公然と家康に対して叛旗を翻し、家康は諸大名を従えて会津征伐に赴いた。これを東西から家康を挟撃する好機として挙兵を決意した三成は、大谷吉継を味方に引き込もうとする。吉継は、家康と対立することは無謀であるとして反対したが、三成との友誼などもあって承諾した。
同年、兄・正澄を奉行として近江愛知川に関所を設置し、家康に従って会津征伐に向かう後発の西国大名、鍋島勝茂や前田茂勝らの東下を阻止し、強引に西軍に与させた。
三成は諸大名の妻子を人質として大坂城内に入れるため軍勢を送り込んだ。
しかし加藤清正の妻をはじめとする一部には脱出され、さらに細川忠興の正室で明智光秀の娘である細川ガラシャに人質となることを拒絶され屋敷に火を放って死を選ぶという壮烈な最期を見せられて、人質作戦は中止された。
同年、毛利輝元を西軍の総大将として大坂城に入城させ、同時に前田玄以・増田長盛・長束正家の三奉行連署からなる家康の罪状13か条を書き連ねた弾劾状を諸大名に公布した。
大谷吉継は三成に対して「お主が檄を飛ばしても普段の横柄ぶりから、豊臣家安泰を願うものすら内府の下に走らせる。ここは安芸中納言か備前中納言を上に立て、お主は影に徹せよ」と諫言し、しぶしぶ呑んだといわれている。
西軍は家康の重臣・鳥居元忠が守る伏見城を攻めた。しかし伏見城は堅固で鳥居軍の抵抗は激しく、容易に陥落しない。そこで三成は、鳥居の配下に甲賀衆がいるのを見て、長束正家と共に甲賀衆の家族を人質にとって脅迫する。
甲賀衆は三成の要求に従って城門を内側から開けて裏切り、伏見城は陥落した。
三成は伏見城陥落を諸大名に伝えるべく、毛利輝元や宇喜多秀家、さらに自らも連署して全国に公布する。
夏ごろからは伊勢方面の平定に務めたが、家康ら東軍の反転西上が予想以上に早かったため、三成は関ヶ原で野戦を挑むことを決める。
そして、東軍と西軍による天下分け目の戦いである関ヶ原の戦いが9月15日に始まった。
当初は西軍優勢であり、石田隊は6900人であったが、細川忠興・黒田長政・加藤嘉明・田中吉政ら兵力では倍以上の敵に攻められたものの、島左近・蒲生郷舎・舞兵庫らの奮戦もあって持ちこたえた。
しかし西軍全体では戦意の低い部隊が多く、次第に不利となり、最終的には小早川秀秋や脇坂安治らの裏切りによって西軍は総崩れとなり、三成は戦場から逃走して伊吹山に逃れた。
その後、伊吹山の東にある相川山を越えて春日村に逃れた。このとき、三成は極度の空腹から沢の水を飲み、生米を食べたため、下痢を起こしたと言われている。
その後、春日村から新穂峠を迂回して姉川に出た三成は、曲谷を出て七廻り峠から草野谷に入った。そして、小谷山の谷口から高時川の上流に出、古橋に逃れた。
しかし、家康の命令を受けて三成を捜索していた田中吉政の追捕隊に捕縛された。
一方、東軍の攻撃を受けて三成の居城・佐和山城は落城し、三成の父・正継をはじめとする石田一族の多くは討死した。
その後三成は、大津城に護送されて大津城の門前で生き曝しにされ、その後家康と会見した。
大坂に護送され、小西行長、安国寺恵瓊らと共に大坂・堺を罪人として引き回された。
さらにその後、京都に護送され、京都所司代である奥平信昌の監視下に置かれた。
最後は、三成は家康の命により六条河原で斬首された。享年41歳。
首は三条河原に晒された後、生前親交のあった春屋宗園・沢庵宗彭に引き取られ京都大徳寺の三玄院に葬られた。

辞世の句
「筑摩江や 芦間に灯す かがり火と ともに消えゆく 我が身なりけり」



RMTジャックポットでは盗難品・不正品やその疑いのある場合、買い取りできません。

買い取り対象外商品について
・ 一般にボットやチート、デュープと呼ばれる不正な手段によって取得されたもの
・ 詐欺・窃盗により取得した商品や犯罪に関係するもの
※ たとえ、サービス提供元の過失によるシステム上の欠陥であったとしても、その取得方法が将来禁止になる恐れがあると弊社が判断した場合は買い取りできません。

重要事項:未成年の方は、保護者の同意を得たうえでご注文してください。 本商品はゲーム運営会社の公式サービスではありません。 本商品はゲーム運営会社とは無関係で、承認を受けた物ではありません。 記載されているメーカー名、サービス名などは、一般に各社の登録商標または商標です。 画像・イラストはイメージです。実際の商品とは異なります。