iimyグループの安心オンラインストア
RMT
あなたのゲームは? ゲーム名の頭文字をクリック!
当商品は、当サイトの都合または運営会社のサービス終了などの理由により現在取り扱いを行っておりません。
取り扱いの再開、その他ご意見ご要望などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

真紅の竜の涙販売

 
価格
売り切れ
  0円(税込み)
   
   
   
   
   
   
   
注文可能数 残り 0 個
ポイント 1個注文した場合 0 ポイント取得! (100円につき1ポイント貯まります。)
     
数量: 在庫切れ
小計:
真紅の竜の涙販売を予約する
     
商品名 ゲームアイテム
商品コード RMTNOLITEM2-B081
内容 1個につき、信長の野望Online用 竜の涙1個のお取引となります
納期 即時発送
メンテナンス 毎週水曜日 10時30分から13時30分までは定期メンテナンスとなります。
注意 将星録と烈風伝が統合され真紅に名称が変更となりました。
 
 
レビューを書く
 

真紅の竜の涙販売について

信長の野望対応! 真紅の竜の涙を最安値に挑戦中!
信On用竜の涙のご購入はRMTジャックポットへ。 実績豊富なRMTサイト、RMTジャックポットは信長の野望オンライン用の竜の涙を安い価格で販売しています。
RMTジャックポットは、創業から12年以上の実績がある業界最古の法人です。 RMTのビギナーからヘビーユーザーまで、様々な方にご利用いただいております。
表示在庫以上の大口販売も受け付けておりますので、ご希望のお客様はお気軽にRMTジャックポットまでお問い合わせください。

ゲームミニ情報
島津義弘【後半】【前半はコチラ

1600年、徳川家康が上杉景勝を征伐するための会津征伐のため軍を起こすと、義弘は徳川家康から援軍要請を受けていたため、手持ちの1,500の軍勢を率いて家康の家臣である鳥居元忠が籠城する伏見城の援軍に馳せ参じた。
しかし、元忠が家康から義弘に援軍要請したことを聞いていないとして入城を拒否したため、義弘は恥をかかされたと激怒して西軍に与した。
全国屈指の大名の島津家の雄がわずか1,500の寡兵しか率いていなかったことに石田三成ら西軍首脳は愕然とし、義弘の存在を軽視した。
このため、三成が美濃墨俣で東軍主力部隊が到来したことに慌てて撤退するとき、義弘の甥・島津豊久の部隊を危うく敵中に孤立させそうになったり、9月14日の作戦会議で義弘は夜襲策を三成に献策したが、結局関ヶ原での野戦に決定するなど、義弘が戦意を失うようなことが続き、9月15日の関ヶ原の戦いには参加しながらも、戦場で兵を動かそうとはしなかった。
義弘が夜襲を献策した理由は、寄せ集めの西軍では正面からの野戦で徳川軍と戦うことが危ぶまれ、家康の部隊は9月14日に到着したばかりで一部は追いついておらず、さらにこの時点で徳川秀忠率いる別働隊も到着していなかったため、この夜の内に夜襲をすべしという義弘の献策には一理あったといえる。また、宇喜多秀家も義弘の夜襲策には賛成していたという。
関ヶ原の戦いが始まってから数時間、東軍と西軍の間で一進一退の攻防が続いた。
しかし午後2時頃、小早川秀秋の寝返りにより、それまで西軍の中で奮戦していた石田三成隊や小西行長隊、宇喜多秀家隊らが総崩れとなり、敗走を始めた。
その結果、島津軍1,500人は退路を遮断され、敵中に孤立することになってしまった。この時、義弘は覚悟を決めて切腹しようとしていたが、甥の島津豊久の説得を受けて翻意し、敗走する宇喜多隊や小西隊の残兵が島津隊内に入り込もうとするのを銃口を向けて追い払い自軍の秩序を守る一方、前方の敵の大軍の中を突破するという離れ業をすることを決意する。島津軍は先陣を豊久、右備を山田有栄、本陣を義弘という陣立で突撃を開始した。
島津軍は東軍の前衛部隊である福島正則軍の脇を一気に抜け、徳川家康の本陣に接近しながら、伊勢街道を南下した。
この猛攻に対して、井伊直政、本多忠勝、松平忠吉らが追撃したが、追撃隊の大将だった井伊直政は銃撃されて重傷を負い、松平忠吉も負傷、二人ともその傷が元で数年後に死亡するなど追撃する側も大きな損害を出した。
しかし、戦場から離脱しようとする島津軍を徳川軍は執拗に追撃し続けた。
このとき、島津軍は捨て奸と言われる、何人かずつが留まって死ぬまで敵の足止めをし、それが全滅するとまた新しい足止め隊を残すという壮絶な戦法を用いた。
その結果、豊久や義弘の家老・長寿院盛淳らが義弘の身代わりとなり、多くの将兵も犠牲になったが、東軍も井伊直政や松平忠吉の負傷によって追撃の速度が緩み、まもなく家康から追撃中止の命が出されたこともあって、義弘自身はかろうじて敵中突破に成功した。義弘は摂津住吉に逃れていた妻を救出し、立花宗茂らと合流、共に海路から薩摩に逃れたという。生きて薩摩に戻ったのは、最初の1,500人のうちわずか80数名だったといわれる。
薩摩に戻った義弘は、敗戦の痛手にもめげず薩摩領全土をあげて徳川との対決姿勢を図り、国境を固める一方で全知全能を傾けて徳川との和平交渉にあたる。
義弘は、和平交渉の仲介を関ヶ原で執拗に義弘の首を狙った井伊直政に依頼した。この選択は賭でもあったが、頼られた直政は誠心誠意、徳川・島津の講和のために奔走している。
家康は島津討伐も考えていたが、義弘は東軍諸将とも交誼が深く、時が経つにつれ関ヶ原で見事な戦いぶりを示した義弘に強い同情が集まっていったため、決断できずにいた。
また、ここで遠く薩摩まで遠征して討伐を強行すれば、関ヶ原での徳川の勝利が動揺する恐れもあった為、家康は態度を軟化せざるを得ず、1602年に島津本領安堵を決定する。
つまり、「義弘の行動は個人行動であり、当主の義久および一族は承認していないから島津家そのものに処分はしない」とした。まさに方便ともいうべき論法であるが、こうして島津氏に対する本領の安堵、義弘の三男・島津忠恒への家督譲渡が無事承認された。
晩年、義弘は大隅の加治木に隠居した。その後は若者たちの教育に力を注ぎ、1619年にこの地で死去。享年85歳。このとき、義弘の後を追って13名の家臣が殉死している。

辞世の句
「天地(あめつち)の 開けぬ先の 我なれば 生くるにもなし 死するにもなし」
「春秋(しゅんじゅう)の 花も紅葉も 留まらず 人も空しき 関路なりけり」


重要事項:未成年の方は、保護者の同意を得たうえでご注文してください。 本商品はゲーム運営会社の公式サービスではありません。 本商品はゲーム運営会社とは無関係で、承認を受けた物ではありません。 記載されているメーカー名、サービス名などは、一般に各社の登録商標または商標です。 画像・イラストはイメージです。実際の商品とは異なります。
 
 

真紅の竜の涙販売を買った人は、こんな商品も買っています