iimyグループの安心オンラインストア
RMT
あなたのゲームは? ゲーム名の頭文字をクリック!
当商品は、当サイトの都合または運営会社のサービス終了などの理由により現在取り扱いを行っておりません。
取り扱いの再開、その他ご意見ご要望などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

真紅の宇宙の雫販売

 
価格
売り切れ
  0円(税込み)
   
   
   
   
   
   
   
注文可能数 残り 0 個
ポイント 1個注文した場合 0 ポイント取得! (100円につき1ポイント貯まります。)
     
数量: 在庫切れ
小計:
真紅の宇宙の雫販売を予約する
     
商品名 ゲームアイテム
商品コード RMTNOLITEM1-B081
内容 1個につき、信長の野望Online用 宇宙の雫1個のお取引となります
納期 即時発送
メンテナンス 毎週水曜日 10時30分から13時30分までは定期メンテナンスとなります。
注意 将星録と烈風伝が統合され真紅に名称が変更となりました。
 
 
レビューを書く
 

真紅の宇宙の雫販売について

信長の野望の真紅対応。 宇宙の雫最安値に挑戦中!
信On用宇宙の雫のご購入は、RMTジャックポットへ。 信長の野望オンライン用RMTの事なら、業界トップクラスの取引実績を誇る、RMTジャックポットをご利用ください。
RMTジャックポットは、価格が安いのにポイント還元もあって、とてもお得!安全性とお客様満足度で、業界一を目指しています!!
RMTジャックポットでは、お客様に安心してサービスをご利用いただくために、SSL認証を導入しています。
RMTジャックポットの宇宙の雫販売サービスを利用してさくさく攻略!さくさくプレイ!!
表示在庫以上の大口販売も受け付けておりますので、ご希望のお客様はお気軽にRMTジャックポットまでお問い合わせください。

ゲームミニ情報
島津義弘【前半】【後半はコチラ

1535年、島津貴久の次男として生まれる。はじめ忠平と称したが後に将軍・足利義昭から偏諱を賜って義珍と改め、さらに義弘と改めた。
1554年、父と共に大隅西部の祁答院良重、入来院重嗣、蒲生範清、菱刈重豊などの連合軍と岩剣城にて戦い、初陣を飾る。兄・義久が家督を継ぐと、兄を補佐し、1572年、日向木崎原の戦いでは伊東義祐が大軍を率いて攻めてきたのに対して寡兵で打ち破るなど、勇猛ぶりを発揮して島津氏の勢力拡大に貢献した。
1577年には伊東義祐を日向から追放し、1578年の耳川の戦いにも参加して、豊後から遠征してきた大友氏を破る武功を挙げている。
1585年には阿蘇氏を攻めて降伏させるなど、兄に代わって島津軍の総大将として指揮を執り、武功を挙げることも多かった。
1586年、豊後に侵攻して大友領を侵食することに成功した。
1587年、大友氏の援軍要請を受けた豊臣秀吉の九州平定軍と日向根白坂で戦った根白坂の戦い。
このとき、義弘は自ら抜刀して敵軍に斬り込むほどの奮戦ぶりを示したというが、島津軍は兵力で豊臣軍に及ばず劣勢であり、結局敗北した。
その後、兄・義久が降伏した後も義弘は徹底抗戦を主張したが、兄の懸命な説得により、子の島津久保を人質として差し出すことを決め、ようやく降伏した。このとき、秀吉から大隅を所領安堵されている。
その後は豊臣政権に対して協力的で、1592年からの文禄の役、1597年からの慶長の役のいずれも朝鮮へ渡海して参戦している。
文禄の役では旧態依然とした国元の体制により豊臣体制下では生存条件とも成る軍役動員がはかどらず「日本一の遅陣」と面目を失ったが、慶長の役ではその武勇を遺憾なく発揮した。
1597年、藤堂高虎らの水軍と連携して元均率いる朝鮮水軍を挟み撃ちにして大いに破り、敵将・元均を討ち取った。
1598年の泗川の戦いでは董一元率いる明軍・朝鮮の大軍を、7,000人の寡兵で打ち破り、島津家文書では敵兵38,717人を討ち取ったといわれる。
この勝利により、島津軍は「鬼石曼子(おにしまづ)」と呼ばれて恐れられ、武名を明にまで轟かせたという。
徳川家康もこの戦果を「前代未聞の大勝利」と評しており、関ヶ原の戦いにて再認識させられる、島津恐るべしの思いを抱くようになったのである。
朝鮮の役における最後の大規模な海戦となった露梁海戦では、順天倭城に孤立した小西行長軍救出の為に出撃するが、明・朝鮮水軍の待ち伏せにより苦戦して後退したが、明水軍の副将・トウ子龍や朝鮮水軍の主将・李舜臣を戦死させるなどの戦果を上げた。
またこの海戦の結果、海上封鎖が解けたため小西軍は退却に成功しており、日本側の戦略目的は達成されている。 これら朝鮮での功により、島津家は加増を受けた。
関ヶ原の戦いでは、秀吉の死後は、1599年には義弘の子・島津忠恒によって家老の伊集院忠棟が暗殺され、それによって忠棟の嫡男・伊集院忠真が反乱を起こすなどの御家騒動も起こっていたことから、義弘は薩摩には戻らず中立的な立場を貫いていた。

辞世の句
「天地(あめつち)の 開けぬ先の 我なれば 生くるにもなし 死するにもなし」
「春秋(しゅんじゅう)の 花も紅葉も 留まらず 人も空しき 関路なりけり」


重要事項:未成年の方は、保護者の同意を得たうえでご注文してください。 本商品はゲーム運営会社の公式サービスではありません。 本商品はゲーム運営会社とは無関係で、承認を受けた物ではありません。 記載されているメーカー名、サービス名などは、一般に各社の登録商標または商標です。 画像・イラストはイメージです。実際の商品とは異なります。