iimyグループの安心オンラインストア
RMT
あなたのゲームは? ゲーム名の頭文字をクリック!
当商品は、当サイトの都合または運営会社のサービス終了などの理由により現在取り扱いを行っておりません。
取り扱いの再開、その他ご意見ご要望などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

紺碧の竜の涙販売

 
価格
売り切れ
  0円(税込み)
   
   
   
   
   
   
   
注文可能数 残り 0 個
ポイント 1個注文した場合 0 ポイント取得! (100円につき1ポイント貯まります。)
     
数量: 在庫切れ
小計:
紺碧の竜の涙販売を予約する
     
商品名 ゲームアイテム
商品コード RMTNOLITEM2-B091
内容 1個につき、信長の野望Online用 竜の涙1個のお取引となります
納期 即時発送
メンテナンス 毎週水曜日 10時30分から13時30分までは定期メンテナンスとなります。
注意 群雄伝と嵐世記が統合され紺碧に名称が変更となりました。
 
 
レビューを書く
 

紺碧の竜の涙販売について

信長の野望の紺碧用竜の涙販売サイトをお探しなら、国内1位の売買実績を持つRMTジャックポットへ!
信On用の竜の涙を、安く安く販売しております。 信長の野望オンライン用の竜の涙をお求めの際には、RMTジャックポットへお越しください。
RMTジャックポットは、日本法人が運営しているRMTサイトです。 多数のオンラインゲームに対応し、在庫も豊富に取り揃えています。
攻略本や有名プレイヤーのブログを見て、こんなプレイをしてみたいと思ったことはありませんか?
RMTジャックポットの竜の涙販売サービスを利用すれば、あなたの理想のプレイヤーに近付けるかもしれません!
表示在庫以上の大口販売も受け付けておりますので、ご希望のお客様はお気軽にRMTジャックポットまでお問い合わせください。

ゲームミニ情報
毛利元就【後半】【前半はコチラ

1551年、周防長門の大名・大内義隆が家臣の陶隆房の謀反によって殺害された大寧寺の変がおこる。
元就は当初、隆房と誼を通じて佐東銀山城や桜尾城を占領し、その地域の支配権を掌握した。隆房も元就の協力なくして大内領支配は不可能と考えて元就に安芸・備後の国人領主たちを取りまとめる権限を与えた。
これを背景として徐々に勢力を拡大すべく安芸国内の大内義隆支持の国人衆を攻撃し、平賀隆保の籠もる安芸頭崎城を陥落させ、隆保を自刃させ平賀広相に平賀家の家督を相続させ、事実上平賀氏を毛利氏の傘下におさめた。
1553年には尼子晴久の安芸への侵入を大内家臣・江良房栄らとともに撃退した。この際の戦後処理のもつれと毛利氏の勢力拡大に驚いた陶隆房は、元就の持つ支配権を奪回しようとし、徐々に両者の対立が先鋭化してくるのである。
そこに石見の吉見正頼が隆房に叛旗を翻した。隆房の依頼を受けた元就は当初は陶軍への参加を決めていたが、毛利家中には隆房への不信から反対意見もあり出兵が出来なかった。そこで隆房は直接安芸の国人領主たちに出陣の督促の使者を派遣した。
平賀広相からその事実を告げられた元就の嫡男・隆元や重臣達は元就に対して安芸・備後の国人領主たちを取りまとめる権限を与えるとした約束に反しており、毛利と陶の盟約が終わったとして訣別を迫った。ここに元就も隆房との対決を決意した。
しかし武力では陶隆房が動員できる大内軍は30,000なのに対して、毛利軍は5,000の兵力である。正面から戦えば勝算は無い。
更に安芸の国人領主たちも大内・陶氏の後ろ盾を失った毛利氏に取って代わる動きを示す可能性もあった。そこで元就は得意の謀略により大内氏内部の分裂を謀る。
1554年、出雲では尼子氏新宮党の尼子国久・誠久らが尼子晴久に粛清されるという内紛が起こった。尼子氏の混乱は元就にとって好都合であった。毛利軍主力の留守中に本拠吉田郡山城が襲撃されることが当分無くなったからである。
尼子氏が内紛の最中、陶晴賢の家臣で、知略に優れ、元就と数々の戦いを共に戦った江良房栄が『謀反を企てている』というデマを流し、本人の筆跡を真似て内通を約束した書状まで偽造し、晴賢自らの手で江良房栄を暗殺させた。
そして同年、「謀りごとを先にして大蒸しにせよ」の言葉通りに後顧の憂いを取り除いた元就は、反旗を翻した吉見氏の攻略に手間取っている陶晴賢に対して反旗を翻した。
晴賢は激怒し即座に重臣の宮川房長に3,000の兵を預け、山口を出陣した宮川軍は安芸国の折敷畑山に到着し、陣を敷いた。
折敷畑の戦いにおいて元就は機先を制して宮川軍を襲撃した。大混乱に陥った宮川軍は撃破され、宮川房長は討死した。緒戦は元就の勝利であった。
これにまたもや激怒した陶晴賢は1555年、今度は自身で20,000の大軍を率いて山口を出発した。途中、重臣・弘中隆兼の反対にも関わらず、交通と経済の要衝である厳島に築かれた毛利氏の宮尾城を攻略すべく、厳島に上陸した。
しかしこれは元就の策略であり、大軍ゆえに身動きの取れない陶軍に奇襲を仕掛け、一気に殲滅してしまったのである。陶晴賢は自刃し、大内氏はその勢力を大きく弱めていくことになる。これが後世に名高い日本三大奇襲作戦の一つ厳島の戦いである。
1557年、大内氏の内紛を好機とみた元就は、晴賢に傀儡として擁されていた大内氏の当主・大内義長を討って、大内氏を滅亡に追い込んだのである。これにより九州を除く大内氏の旧領の大半を手中に収めることに成功した。
同年、元就は長男の毛利隆元に家督を譲って隠居した。ただし実権は元就がなおも握り、吉川元春と小早川隆景による『毛利両川体制』を確固たるものとしていったのである。
隠居に際しての同年11月25日、14箇条の遺訓、いわゆる「三子教訓状」をしたため、家中の結束を呼びかけた。この遺訓が後に「三本の矢」の逸話の基となったとされている。
続いて同年12月2日元就以下12人の主だった安芸国人領主が著名な「傘連判状」を結んでいる。これは上下関係を明らかにはせず、彼ら国人領主皆が対等の立場にある事を示している。
だが、裏を返せば、当時の毛利氏は井上一族の粛清によってようやく自己の家臣団を完全に掌握したばかりの状態であって、未だに安芸の土豪連合の集団的盟主という立場から完全には脱却できず、実子が当主である吉川・小早川両氏と言えども主従関係にはなかったのである。
毛利氏がこうした土豪の集団的盟主という立場から脱却して、土豪連合的な要素の強かった安芸国人衆の再編成と毛利家の家臣への編入を通じて、名実ともに毛利氏による安芸統一が完成する事にになるのは隆元が安芸国守護に任じられた1560年頃とされている。
ただし、その後もこうした国人領主は毛利氏との主従関係を形成しつつも、限定的ながら一部においてその自立性が認められていくことになった。こうした直臣家臣団と従属土豪、つまりは国人領主という二元的な主従関係は関ヶ原の合戦後の長州藩移封まで長く続き、その統率が破綻することなく続いたのは毛利氏当主とこれを支える両川の指導力によるところが大きかったのである。
1558年に粛清の混乱から立ち直った尼子家当主・尼子晴久によって山吹城を攻略され石見銀山の支配権を失っていたが、1560年にその尼子晴久が死去する。
そして尼子氏の弱体化を見て取った元就は周到に準備を重ね、1562年より第2次月山富田城の戦いのため出雲侵攻を開始する。
これに対して晴久の跡を継いだ尼子義久は、難攻不落の名城・月山富田城に籠城し尼子十旗と呼ばれる防衛網で毛利軍を迎え撃った。しかし1563年に、元就は尼子氏の支城である白鹿城を攻略。ついに月山富田城を包囲して兵糧攻めに持ち込んだ。
しかし大内氏に従って敗北を喫した前回の月山富田城の戦訓を活かし、無理な攻城はせず、内部崩壊を誘うべく策略を張り巡らした。熟練の域に達していた元就の謀略に義久は引っ掛かり、疑心暗鬼となった義久は、重臣である宇山久兼を自らの手で殺害してしまう。
これにより尼子軍は内部分裂を起こし、投降者が続出することとなる。1566年11月、義久は降伏を余儀なくされたのである。 こうして元就は一代にして、中国地方8ヶ国を支配する戦国屈指の大名にのし上がったのである。
出雲尼子氏を滅ぼした元就であったが、尼子誠久の子である尼子勝久を擁した「願わくば、我に七難八苦を与えたまえ」と三日月に祈った逸話を持つ山中鹿之助幸盛率いる尼子残党軍が織田信長の支援を受けて山陰から侵入し、毛利氏に抵抗した。
更に豊後の大友宗麟も豊前の完全制覇を目指しており、1568年には北九州での主導権を巡る争いの中で、陽動作戦として大内氏の一族である大内輝弘に兵を与えて山口への侵入を謀るなど、敵対勢力や残党の抵抗に悩まされることになる。
毛利氏にとっては危機的な時期ではあったが、元春と隆景ら優秀な息子達の働きにより、大友氏と和睦しつつ尼子再興軍を雲伯から一掃することに成功した。
1560年代の前半より元就は度々体調を崩していたが、将軍・足利義輝は名医・曲直瀬道三を派遣して元就の治療に当たらせている。その効果もあったのか、元就の体調は一時は持ち直したようで、1567年には最後の息子である才菊丸が誕生している。
そして義輝横死後の1570年、足利15代将軍・足利義昭は織田信長と決裂。毛利氏も信長包囲網に参加して織田信長に敵対するよう義昭より働きかけられる。
しかし元就は織田信長の実力を認めており、信長とは友好関係を維持して、包囲網に参加することはなかった。
1571年、毛利元就は、幼少時代より生まれ育った、吉田郡山城において死去。享年75歳。

辞世の句
「友を得て なおぞうれしき 桜花 昨日にかはる 今日のいろ香は」


重要事項:未成年の方は、保護者の同意を得たうえでご注文してください。 本商品はゲーム運営会社の公式サービスではありません。 本商品はゲーム運営会社とは無関係で、承認を受けた物ではありません。 記載されているメーカー名、サービス名などは、一般に各社の登録商標または商標です。 画像・イラストはイメージです。実際の商品とは異なります。
 
 

紺碧の竜の涙販売を買った人は、こんな商品も買っています