iimyグループの安心オンラインストア
RMT
あなたのゲームは? ゲーム名の頭文字をクリック!
当商品は、当サイトの都合または運営会社のサービス終了などの理由により現在取り扱いを行っておりません。
取り扱いの再開、その他ご意見ご要望などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

紺碧の宇宙の雫販売

 
価格
売り切れ
  0円(税込み)
   
   
   
   
   
   
   
注文可能数 残り 0 個
ポイント 1個注文した場合 0 ポイント取得! (100円につき1ポイント貯まります。)
     
数量: 在庫切れ
小計:
紺碧の宇宙の雫販売を予約する
     
商品名 ゲームアイテム
商品コード RMTNOLITEM1-B091
内容 1個につき、信長の野望Online用 宇宙の雫1個のお取引となります
納期 即時発送
メンテナンス 毎週水曜日 10時30分から13時30分までは定期メンテナンスとなります。
注意 群雄伝と嵐世記が統合され紺碧に名称が変更となりました。
 
 
レビューを書く
 

紺碧の宇宙の雫販売について

信長の野望対応紺碧の宇宙の雫が安い!
信On用宇宙の雫が、激安のRMTジャックポットをご利用ください。 数多くのプレイヤーのご利用をお待ちしています。
なかなか攻略に時間をさけない多忙な方!
パーティーを組んでいる仲間とのプレイ時間の差が、そのまま装備の差となっていませんか?
なかなか埋まらないログイン時間の差を埋める、最善の策をお探しの方!
今一番欲しいアイテムがゲーム内で販売されているのに、他の誰かに買われていくのをただ見ているだけの状況にお悩みの方!
そんな思いをされている方に快適なゲームライフを送っていただけるよう、RMTジャックポットではお客様にご満足いただけるお求めやすい価格で宇宙の雫を取り揃えております!
装備を整えて自分のキャラクターを鍛え、攻城戦やパーティープレイで思う存分活躍しましょう!!
表示在庫以上の大口販売も受け付けておりますので、ご希望のお客様はお気軽にRMTジャックポットまでお問い合わせください。

ゲームミニ情報
毛利元就【前半】【後半はコチラ

1497年、安芸の国人・毛利弘元と福原氏との間に次男として誕生。幼名は松寿丸と言う。
1500年に幕府と大内氏の勢力争いに巻き込まれた父の弘元は隠居を決意。嫡男の毛利興元に家督を譲ると、松寿丸は父に連れられて多治比猿掛城に移り住む。
1501年には最愛の母が死去し、そして元就10歳の1506年に、父・弘元が酒毒が原因で死去。松寿丸はそのまま多治比猿掛城に住むが、家臣の井上元盛の所領横領などに悩まされる。
この困窮した生活を支えたのが養母であった杉大方である。1511年に元服し、毛利元就を名乗る。
1516年、興元が急死。家督は興元の嫡男・幸松丸が継ぐが、幸松丸が幼少のため、元就は叔父として幸松丸を後見する。毛利弘元、興元と二代続く当主の急死に、幼い主君を残された家中は動揺する。
毛利家中の動揺をついて、佐東銀山城主・武田元繁が吉川領の有田城へ侵攻。武田軍の進撃に対し、元就は幸松丸の代理として有田城救援のため出陣する。元就にとっては毛利家の命運を賭けた初陣であった。
安芸武田氏重鎮であり、猛将として知られていた武田軍先鋒・熊谷元直率いる軍を元就は撃破し、熊谷元直は討死。有田城攻囲中の武田元繁はその報に接するや怒りに打ち震えた。
一部の押さえの兵を有田城の包囲に残し、ほぼ全力で毛利・吉川連合軍を迎撃し、両軍は激突する。戦況は数で勝る武田軍の優位で進んでいたが、又打川を渡河していた武田元繁が矢を受けて討死するに至り、武田軍は混乱して壊滅。
安芸武田氏は当主の元繁だけではなく、多くの武将を失い退却する。
この「有田中井手の戦い」は「西国の桶狭間」と呼ばれ、武田氏の衰退と毛利氏の勢力拡大の分水嶺となった。
この勝利により、安芸国人「毛利元就」の名は、ようやく世間に知られるようになる。この戦いの後、尼子氏側へ主君を鞍替えした元就は、幸松丸の後見役として安芸国西条の鏡山城攻略戦でも、その智略により戦功を重ね、毛利家中での信望を集めていった。
甥の毛利幸松丸が1523年にわずか9歳にて死去すると、毛利家の直系男子であり、家督継承有力候補でもあった元就が重臣達の推挙により、27歳で毛利家の家督を継いだ。 この時、元就の継承に不満を持った坂氏・渡辺氏等の有力家臣団の一部が、尼子経久の指示を受けた尼子氏重臣・亀井秀綱支援の下、元就の弟・相合元綱を擁して謀反を起こしたが、元就は執政・志道広良らの支援を得て元綱一派を粛清・自刃させるなどして、将来の禍根を絶ち、当主の座を確固たるものとした。
家督相続問題を契機として、元就は尼子経久と次第に敵対関係となり、ついには1525年に尼子氏と手切れして大内義興の傘下となる立場を明確にした。
1529年には、かつて毛利幸松丸の外戚として専権を振るい、尼子氏に通じて相合元綱を擁立しようと画策した高橋興光ら高橋氏一族を討伐。
高橋氏の持つ安芸から石見にかけての広大な領土を手に入れたが、高橋一族討伐の際、元就は人質として高橋氏の養女となっていた長女を助けることができなかったと言われている。
一方で、長年の宿敵であった宍戸氏とは関係の修復に腐心し、娘を宍戸隆家に嫁がせて友好関係を築き上げた。
その他、一時大内氏に反乱を起こし窮地に追いやられた天野氏や、安芸武田氏と関係が悪化した熊谷氏とも誼を通じ、安芸国人の盟主としての地位を確保した。
1534年、元就は義隆を通じて4,000疋を朝廷に献上する事で叙任が実現の運びとなった。
これによって推挙者である大内義隆との関係を強めるとともに、当時は形骸化していたとは言え、官位を得ることによって安芸国内の他の領主に対して朝廷・大内氏双方の後ろ盾があることを示す効果があったと考えられている。
1540年には経久の後継者である尼子晴久率いる3万の尼子軍に本拠地・吉田郡山城を攻められるが、元就はわずか3000の寡兵で籠城して尼子氏を迎え撃った。
家臣の福原氏や友好関係を結んでいた宍戸氏らの協力、そして遅れて到着した大内義隆の援軍・陶隆房の活躍もあって、この戦いに勝利し、その武名を天下に知らしめた。
同年には、大内氏とともに佐東銀山城を攻略し、安芸武田氏当主・武田信実は逃亡。安芸武田氏はこれにより滅亡した。
1542年から1543年にかけて、大内義隆を総大将とした第1次月山富田城の戦いにも、元就は従軍した。
しかし吉川興経らの裏切りや、尼子氏の所領奥地に侵入し過ぎたこともあり、補給線と防衛線が寸断され、大内軍は大敗を喫した。
元就も身代わりである渡辺通の犠牲により窮地を脱し、無事に安芸に帰還することができた。しかし大内・尼子氏の安芸国内における影響力の低下を受けて、常に大大名の顔色を窺う小領主の立場から脱却を考えるようになる。
元就は手始めに1544年に、強力な水軍を擁する竹原小早川氏の養子に三男・徳寿丸を出した。そして1547年、妻・妙久の実家である吉川家の乗っ取りを企む。
当時吉川経世ら一族や重鎮と、新参の家臣との対立が激しくなっており、家中の統制ができなくなっていた。元就は、吉川国経の外孫に当たる次男・元春を吉川氏に養子として送り込んだ。
吉川家当主の吉川興経を強制的に隠居させ、興経の隠居後の1550年に、将来の禍根を断つため興経とその一家を殺害。
一方で、先の月山富田城の戦いで当主・小早川正平を失っていた沼田小早川氏の後継問題にも介入した。
当主・小早川繁平が幼少かつ盲目であったのを利用して家中を分裂させ、後見役の重臣であった田坂全慶を謀殺した上で繁平を出家に追い込み、分家の竹原小早川当主で元就の実子である小早川隆景を後嗣にさせている。
これにより「毛利両川体制」が確立し、毛利氏の勢力拡大を支えることになるのである。
これにより安芸・石見に勢力を持つ吉川氏と、安芸・備後・瀬戸内海に勢力を持つ小早川氏、両家の勢力を取り込み、安芸一国の支配権をほぼ掌中にした。
1550年には家中において専横を極める井上元兼とその一族を殺害し、その直後に家臣団に対して毛利家に対して忠誠を誓わせる起請文に署名させ、権力基盤を強化した。

辞世の句
「友を得て なおぞうれしき 桜花 昨日にかはる 今日のいろ香は」


重要事項:未成年の方は、保護者の同意を得たうえでご注文してください。 本商品はゲーム運営会社の公式サービスではありません。 本商品はゲーム運営会社とは無関係で、承認を受けた物ではありません。 記載されているメーカー名、サービス名などは、一般に各社の登録商標または商標です。 画像・イラストはイメージです。実際の商品とは異なります。
 
 

紺碧の宇宙の雫販売を買った人は、こんな商品も買っています